シャーロック|第8話のあらすじネタバレ感想【長谷川京子は死んでも綺麗】


世界的ベストセラー「シャーロック・ホームズ」を原作にした「シャーロック」。


主演のディーン・フジオカさん、バディとして岩田剛典さん、警部役に佐々木蔵之介さんが出演して、難事件を解決していきます。

第8話の視聴率は8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。好調を維持しているようです。

第8話のあらすじ、ネタバレ、感想をお届けします。今回はハセキョーこと長谷川京子さんも出演しますよ!

ドラマ【シャーロック】の動画
ドラマ【シャーロック】の動画は、フジテレビ公式動画サイトFODで配信中です。(本ページの情報は10月31日時点のものです)

2019年10月7日(月)から、始まった月9ドラマ「シャーロック」。世界的に有名な推理小説「シャーロック・ホームズ」が原作です。 ...
「シャーロック・ホームズ」は世界中で読み継がれている推理小説。一説によると聖書に次ぐ世界的なベストセラーと呼ばれているとか。 ...

スポンサーリンク

シャーロック|第8話のあらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に、江藤礼二(佐々木蔵之介)が、経産省のエリートを含む男性二人の心中事件の動機解明を依頼に来た。心中など現代には存在しないと関心を示さない獅子雄に、江藤は現場に残されていた二枚のライオンの写真を見せた。一枚は吠えていて、もう一枚は死んでいる。若宮潤一(岩田剛典)が、なぜライオンの写真なのか?と疑問を投げると、江藤はライオンではなく“獅子“だと獅子雄をあおる。
 さらに、写真の裏には暗号らしき文面が書かれていることも伝え、獅子雄は事件解明に乗り出すことに。発見された遺体は、経産省勤務の柴田雅樹(久保田悠来)と永田町のテーラーに勤務している三崎雄一(佐伯大地)。現場に残された写真と文面を読み解いた獅子雄は、あるビジネススクールに行き着き、校長の安蘭世津子(長谷川京子)と面会するが…。

シャーロック公式サイト

スポンサーリンク

シャーロック|第8話ネタバレ

第8話のゲストは長谷川京子さんで、ビジネススクール校長の安蘭世津子役でした。

さて、第8話のネタバレいってみましょう!

岩田が獅子雄のためにプリンを作っていた?

前回はプリンを食べた食べないでケンカをしていた二人ですが、実は、岩田が獅子雄のためにプリンを作っていたのですね。

獅子雄も岩田の優しさに気づいていたようです。

第8話のオープニングはピンク!

レオ君の洋服がピンク色でしたが、今回のタイトルがなぜピンク色だったのかは、あまりよくわかりませんでした。

原作の関係でしょうか…?

兄と一緒の獅子雄はまるでモンテ伯!?

獅子雄の兄の誉万亀雄(ほまれ・まきお)はでトップ官僚で、高橋克典さんが演じました。

以前、『モンテ・クリスト伯−華麗なる復讐−』でディーン・フジオカさんと高橋克典さんが共演していたのを思い出した方も多いのではないでしょうか?

岩田が獅子雄について語った本心は!?

万亀雄(兄):犯罪コンサルタント。もうちょっとまともな仕事をしてもらいたいもんだがね。頭は悪くないんだから。あなたもそう思うでしょ?

岩田:そう思ってました。前は・・・。でも彼のやっていることは、人の役に立っていますよ。今はそう思います。

万亀雄(兄):ふん。変な人だ。まあ、あいつと暮らせる位だから、あなたも相当変わっているんでしょう。

岩田:そうかもしれません。

万亀雄(兄):今どこにいるかわかりますか?

岩田:どこにいるかわかりません。ただ、殺人犯をつかまえに行っています。

万亀雄(兄):そりゃあ、穏やかじゃないなあ~。

岩田:いつもですよ。危なっかしいことばかりするけど、結局ここに帰ってきます。

獅子雄のことを認め、受け入れている岩田の優しさに胸が熱くなりました。獅子雄の兄も岩田と話をして、本当は安心したのではないでしょうか?

長谷川京子の毒死が美しすぎると評判

安蘭の最期を演じる長谷川の熱演に「美しすぎ」「綺麗」「色気が凄い」とネットで評判でした。

毒入りチョコレートを食べて獅子雄に抱えられる姿、本当に奇麗でステキでしたね。

以前、ドラマのイベントで長谷川京子さんを間近で見る機会がありましたが、スタイルがよくてとってもキレイな方でした。女優オーラがバンバン出てましたよ。

スポンサーリンク

シャーロック第8話の感想

守谷に洗脳されて悪事をはたらいた安蘭世津子(長谷川京子)の毒死のシーンがとても印象的でした。

毒で血を吐いているのに、あれほど色っぽく綺麗に見えるのは凄いですね。

安蘭世津子(長谷川京子)の死により、守谷のこともわからないまま終わってしまいました。

次回は、もっと守谷に近づくことができるのでしょうか?

見逃し配信はこちら!