シャーロック|松本まりか 第一話悲劇のヒロイン!あざとかわいい女優の演技は?


逆輸入イケメン俳優ディーン・フジオカさんが、月9初主演を果たした「シャーロック」。

かの有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」が原作の謎解きミステリードラマです。

東京を舞台に、毎回ゲストを迎えて、物語が展開していきます。

第一話のゲストは「松本まりか」さん。旦那さんが病院の屋上から落ちて亡くなり、突然未亡人となってしまった悲劇のヒロイン赤羽汀子役を演じました。

その演技はどうだったのでしょうか? 松本まりかさんのプロフィールも合わせて紹介します。

ドラマ【シャーロック】の動画
ドラマ【シャーロック】の動画は、フジテレビ公式動画サイトFODで配信中です。(本ページの情報は10月26日時点のものです)

2019年10月7日(月)から、始まった月9ドラマ「シャーロック」。世界的に有名な推理小説「シャーロック・ホームズ」が原作です。 ...
「シャーロック・ホームズ」は世界中で読み継がれている推理小説。一説によると聖書に次ぐ世界的なベストセラーと呼ばれているとか。 ...

スポンサーリンク

松本まりかは「あざとかわいさ」で大ブレイクするも下積み生活が長かった苦労人

松本まりかプロフィール

  • 生年月日:1984年9月12日(35歳)
  • 出身地:東京都
  • 身長:160 cm
  • 血液型:B型
  • 趣味: ジャズダンス、日本舞踊、空手
  • 事務所:A-team
  • 売れないことに飽きた下積み生活

    松本まりかさんは、2000年にテレビドラマ『六番目の小夜子』で女優デビュー。16歳のときでした。

    それから18年間はなかなか売れず。仕事は途切れずにあったもののそれほど多くもなく、「芸能界の仕事だけでやっていけるのか」、「バイトをしなくちゃならないのか」そう思い始めたころにブレイクしたそうです。

    ブレイクしたのは、2018年放送のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日)がきっかけ。井筒里奈役の「あざとかわいい」キャラクターが注目され、SNSで話題になりました。

    口元に手を持ってくる仕草や、爪を噛んで物欲しそうにする表情が里奈のキャラクターをうまく表していると評価され、「あざとかわいい」と評判になったのです。

    それまでの松本まりかさんは、主役の足を引っ張らないように、目立ち過ぎないようにと考え演技をしていたそうです。

    自己を否定しながら演技をすることに苦しさを感じ、「あまりに人生が退屈で、売れないって限界、売れないことに飽きた」と『有田哲平の夢なら醒めないで』に出演した時に語っています。

    松本まりかさんは、宮崎あおいさんや石原さとみさんと仲が良いことで知られています。友人たちが売れていくなかで、なかなか芽が出なかったのですから、内に秘めた思いは相当なものだったのでしょう。

    2019年は飛躍の年

    ようやく掴んだチャンスをぐっと引き寄せ、2019年に出演したテレビドラマはすでに7本と、今年は大きな飛躍の年となりました。

    「あざとかわいい」キャラで、ソフトバンクのCMにも出演したのは記憶に新しいところ。お父さんを誘惑する姿はとても色気を感じます。

    スポンサーリンク

    「シャーロック」悲劇のヒロイン赤羽汀子での松本まりかさんはどうだった

    松本まりかさんは、シャーロックの第一話。悲劇のヒロイン赤羽汀子役として登場します。

    汀子は、美しく賢く、子供には優しい良妻賢母。高卒でコンパニオンとして働いているところ、医者である夫の赤羽栄光と付き合い始め、子供ができた結果、結婚しました。

    夫の両親からは汀子の学歴のことでグチグチと文句をいわれ、蔑まされながらも耐えながら生活をしています。それも医者の妻であり続けたいから。(しかも夫の父親は大学医学部の教授)

    悲劇のヒロインなのですが、したたかで、あざとくて、陰のある美人妻。松本まりかさんは、そんな汀子を演じています。

    今回の演技に対するネットの評判はどうだったのでしょうか。

    このように松本まりかさんの演技を称賛する声が多数みられました!

    スポンサーリンク

    まとめ

    今回は、「シャーロック」第一話での怪演が話題になった松本まりかさんのプロフィールや、「シャーロック」での演技の評判についてまとめてみました。

    18年もの苦しい下積み生活があったのですから、これからは一気にスターへの階段を駆け上って欲しいですね!

    今後も、松本まりかさんの「あざとかわいさ」に目が離せません!

    見逃し配信はこちら!

     
     

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする