絶対零度~未然犯罪潜入捜査~|第2話のあらすじネタバレ感想【山内の井沢への愛がBL化!?】


初回の平均視聴率が10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、順調な滑り出しを見せたフジテレビ月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』。

第1話では、思ったより井沢の闇が深く、メンタルが崩壊気味なことがわかりましたね。

さらに、東京サミット当日に起こる、香坂(水野美紀)殺害(?)事件も気になります。

それでは早速、ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第2話のあらすじやネタバレ、感想をお届けします。

スポンサーリンク

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~|第2話のあらすじ


井沢(沢村一樹)は、保釈後に行方不明となり、遺体となって発見された元警察庁次長・町田(中村育二)の件で、警視庁捜査一課の早川(マギー)から事情聴取を受ける。すると井沢は、マジックミラー越しに見ていた香坂(水野美紀)に、腹を割って話そうと持ち掛ける。香坂と対峙した井沢は、妻と娘を殺した凶器のナイフが1ヵ月ほど前に送り付けられてきたことを切り出し、その犯人とされて服役中の宇佐美(奥野瑛太)に香坂が面会に行った理由を問いただそうとする。
一方、山内(横山裕)に井沢の監視を命じていた公安部部長の曽根崎(浜田学)は、町田の死を表向きは自殺として発表すると同時に、山内に井沢から目を離さないよう改めて釘をさす。
そんな折、ミハンが新たな危険人物を割り出す。ターゲットは、近所に住む女子高生の時田明日香(竹内愛紗)をストーキングしている無職の男・馬場智樹(影山徹)だ。だが馬場は、意図的にストーカー規制法に抵触しない程度に付きまとっているようなふしがあった。そして馬場は、ギャンブルで作った借金のせいで闇金からも追われていた。単純なストーカーではない犯罪なのか。一方、優等生だった明日香も、ここ最近、何故か学校をさぼっていた。
井沢たちは潜入捜査を始めるが、捜査中、何者かに明日香が誘拐される。少女拉致誘拐事件の背後に見えてくる驚くべき真実。24時間以内に少女を救い出すため、ミハンが動く!

公式サイトより

スポンサーリンク

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~|第2話のネタバレ

竹内愛紗がゲスト出演!

東京サミット当日、香坂の亡骸を前に、立ち尽くす井沢。
井沢は駆け付けたSATに取り押さえられそうになりますが、激しく抵抗・応戦します。

山内(横山裕)が遅れて駆けつけましたが、既に井沢は逃亡。
小田切は「お願い、止めて、井沢さんを。」と山内に言うのでした。

そして、物語はその64日前に。

今回のターゲットは、馬場智樹(影山徹)31歳・無職
闇金業者に追われながらストーカーまがいの行為をしており、ミハンシステムにはじき出されました。

馬場にストーキングされている女子高生は、時田明日香(竹内愛紗)といい、最近学校をサボりがちなことに井沢は不審を抱きます。

山内は、やっぱり井沢LOVE!?

山内と小田切は、明日香の自宅を張り込んでいました。

いきなり、「井沢さんは(町田を)殺してない。」という山内に、小田切は、

「あんたって、好きなんだね。井沢さんのこと。」

と言うのでした。

しばらくすると、明日香が母親と口論の末、家を飛び出してしまいました。
山内と小田切は明日香を尾行しますが、人込みに紛れて見失い、そのスキに持病の喘息の薬が入ったバックを残したまま、明日香は何者かに拉致されます。

吉岡(森永悠希)と門田(粗品)は同期!?

ミハンの部屋に、捜査1課の早川と門田がやってきます。
明日香の拉致事件は、捜査1課が担当することになり、違法捜査や、何も未然に防げていないことを罵られたミハンの面々。

ミハンは、明日香の拉致と同時に、馬場も麻雀店から忽然と姿を消していることから、防犯カメラに映らないよう指示を出している共犯者がいると確信。
山内が拉致現場付近で見かけた黒のワンボックスカーを手掛かりに、浦上(進藤学)という男を割り出します

浦上は、大手警備会社の女性社員をだまし、防犯カメラの配置データを入手。
潜伏先のホテルでは、偽造パスポートの数々や馬場との接点が見つかりました。

さらに、浦上は第3の男と接触後、尾行する吉岡を殴打して逃亡しますが、最後には井沢に捕まります。

ミハンは、犯罪をリレーしなければならない理由を探ると、池袋のクラブ・Mに辿り着きます。
小田切の潜入捜査により、実は、そのクラブのママが、明日香の産みの親だとわかりました。

井沢の丸メガネがかわいすぎる!?

興信所の人間として、明日香の育ての親・時田夫妻に接触した井沢と山内。

育ての母親は、かつて児童相談所で明日香を担当しており、その際、産みの母親から、明日香を買わないかと持ち掛けられたのです。

育ての母親は、虐待を受け続ける明日香を救うために、100万円で明日香を買うことに

そして、明日香は自分の出生の秘密を知ってしまったのです。

本田翼がホステス&魚屋、横山裕はリーマンに!

産みの母親は、当時内縁関係だった河田(酒向芳)と連絡を取っていました。

河田は、外国人労働者のあっせんを行う会社を経営しており、浦上に接触していた第3の男ともつながっていたのです。

一方、捉えられた明日香は、見知らぬ病室にいました。

そこに河田が現れ、自分が本当の父親だと明かします。
しかし、明日香はその話を聞きながら、気を失ってしまいます。
麻酔が効いてきたのです。

本当の父母は、どうしようもないクズ親だった!

河田は、腎不全で人工透析を受けており、同じ血液型・Oマイナスボンベイ型の明日香の臓器を盗もうとしていたのでした。

しかし、摘出手術直前にミハンが駆け付け、明日香を救出します。

河田は証拠がないと開き直りますが、第3の男・高橋が全面自供。
減刑を条件に司法取引に応じたのです。

「死の瀬戸際まで、孤独に苦しめ。」

井沢は、河田にそう告げました。

そして明日香は無事、育ての親のもとへ戻っていくのでした。

井沢を襲う闇

山内は、監察官として井沢はミハンに必要だと香坂に報告。
しかし、井沢が暴走したときに撃てるのかと香坂に問われ、黙ってしまいます。

井沢が自宅に戻ると、幻覚で妻と娘の亡骸が見えました。
混乱して泣き叫ぶ井沢。
それを外から監視していた山内は、井沢に電話をかけます。

井沢は電話に出ると、

「もし僕がまた一線を越えたら、撃っていいから。殺してくれ、君が。」

と山内に頼むのでした。

そして、64日後。
山内は、逃げる井沢に追いつき、叫びながら発砲するのでした。

スポンサーリンク

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~|第2話の感想・まとめ

今回は、ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第2話のあらすじやネタバレ、感想をお届けしました。

いやぁ、話の展開が早すぎです。(笑)
クズ親は成敗されて本当によかったですが、井沢がどんどん病んでいくのが心配ですね。

香坂殺害(?)事件も、回を重ねるごとに徐々に明らかになりそう。

来週の第3話も見逃せませんよ!

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~あらすじネタバレ感想記事

やっと始まりました!フジテレビ月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~シーズン4』。 第1話は30分拡大。 古参メンバーもさ...
初回の平均視聴率が10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、順調な滑り出しを見せたフジテレビ月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~...
第2話の平均視聴率は10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した、フジテレビ月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』。 ...
アクションだけじゃなく、社会問題を取り上げたヒューマンドラマでもある、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』。 第3話の視聴率こそ、...