シャーロック|江藤礼二は佐々木蔵之助!原作ではレストレード警部その演技の評判は?


アーサー・コナン・ドイルの推理小説「シャーロック・ホームズ」。誰もが名前を知っている世界的なベストセラーです。

「シャーロック・ホームズ」の登場人物であるレストレード警部は、スコットランド・ヤード所属の警察官です。

レストレード警部は、事件が手に負えないとなるとシャーロック・ホームズに推理を依頼する頼りない人物ですが、数多くの難事件を解決した優秀な警部であるとロンドンの新聞各紙に称えられています。

なぜならシャーロック・ホームズは名誉には興味がなく、自分の存在をアピールしないので、手柄は全部レストレード警部のものなのです。

今回は、月9ドラマ「シャーロック」でのレストレード警部役「江藤礼二」を演じる「佐々木蔵之介」さんにフォーカスをあて、プロフィールや演技の評判についてまとめてみます。

ドラマ【シャーロック】の動画
ドラマ【シャーロック】の動画は、フジテレビ公式動画サイトFODで配信中です。(本ページの情報は10月26日時点のものです)

2019年10月7日(月)から、始まった月9ドラマ「シャーロック」。世界的に有名な推理小説「シャーロック・ホームズ」が原作です。 ...
「シャーロック・ホームズ」は世界中で読み継がれている推理小説。一説によると聖書に次ぐ世界的なベストセラーと呼ばれているとか。 ...

スポンサーリンク

【佐々木蔵之介】大学時代に演劇にハマりそのまま役者の道を選んだ

佐々木蔵之介さんの実家は、京都にある創業100年以上の造り酒屋です。

現在家業は、弟さんが継いでいるようですが、役者の道を選ぶまでは佐々木蔵之介さんが継ぐ予定だったようです。

そんな佐々木蔵之介さんのプロフィールはこちら。

佐々木蔵之助プロフィール

  • 生年月日:1968年2月4日(51歳)
  • 出生地:京都府京都市上京区
  • 身長:182 cm
  • 血液型:O型
  • 趣味:格闘技
  • 事務所:ケイファクトリー
  • 大学時代に演劇にハマる

    佐々木蔵之介さんは、京都府内で最も偏差値が高い進学校である洛南高校を卒業するほど優秀なんです!

    高校卒業後は、東京農業大学に進学するものの神戸大学農学部に進学し直しています。いわゆる仮面浪人だったんですね。

    大学時代には「惑星ピスタチオ」という面白い名前の劇団の旗揚げに参加し、演劇にハマっていきます。

    突然「俳優になる」と役者の道へ

    それでも大学はしっかり卒業して大手広告代理店(業界6位)の大広に就職。しかし役者の道を諦めきれず、突然「俳優になる」といって会社を辞めて家を出たそうです。

    そして2000年、NHK連続テレビ小説『オードリー』でブレイク。その後、映画「間宮兄弟」で映画初出演を果たし、ドラマ『ギラギラ』では連続ドラマに初めて出演します。

    最近では、映画「空母いぶき」で副艦長の新波歳也役での熱演が話題になりました。

    ちなみに蔵之介という芸名は、お父さんに付けてもらったそうです。家業である日本酒の蔵元と、大石内蔵助の名前をかけて「蔵之介」になったとか。

    お父さんナイスセンス!

    スポンサーリンク

    原作ではレストレード警部役の江藤礼二を演じる佐々木蔵之助!その評価は?

    「シャーロック」での江藤礼二警部は、サボリ癖があって、だらしないのにプライドだけは高いという絶対に一緒に仕事をしたくないタイプの人ですww

    部下の前で仕事をサボって、それを注意されても全く意に介さずて悪びれたところがない。

    仕事嫌いだけで手を抜くけど、手柄は独り占めする。最悪ですww

    誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に何かいわれる度に「俺に指図をするな!!」と怒鳴り返しますが、指示が的確なので結局それに従っています。

    佐々木蔵之介さんが演じているのは、そんな微妙なキャラクターの江藤礼二。

    その演技の評価はどうでしょうか?

    江藤礼二は脇役だけに、意見はさほど多くなかったのですが、概ね好評といえますね。

    スポンサーリンク

    まとめ

    今回はドラマ「シャーロック」で、原作のレストレード警部役「江藤礼二」を演じる「佐々木蔵之介」さんのプロフィールや役柄の評価をまとめてみました。

    すでに2020年大河ドラマ「麒麟がくる」に藤吉郎役(のちの豊臣秀吉)として出演が決まっている佐々木蔵之介さん。

    映画にドラマに、そして舞台に、益々の活躍が期待されます!!

    見逃し配信はこちら!
     
     

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする