シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第3話のあらすじネタバレ感想【レンはリコ!?】


第2話の平均視聴率は、7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と少し下がってしまいましたが、視聴熱はとてもホットな、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。

第3話ではどんな事件が起こるのでしょうか?

それでは、ドラマ『シロクロ』第3話のあらすじやネタバレ、感想をお届けします!

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】の見逃し動画を無料で視聴する方法
放送後1週間以内であればTverがオススメ。スキップできないCMが入りますが、無料で視聴できます。

放送後1週間以上経った場合はHuluの2週間無料トライアルをお試しください。

(本ページの情報は1月14日時点のものです)

スポンサーリンク

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第3話あらすじ

門田明宏(山崎樹範)の診察を受けた川田レン(清野菜名)は、表情が豊かになったと言われる。恋をしたからではないかと門田に指摘され、森島直輝(横浜流星)を思い浮かべるレン。彼女の精神状態は落ち着いているように見えたが、10年前に遭遇した火事の記憶のフラッシュバックも度々起こっていた。
そんな中、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵がコーチの鹿野博史とともに緊急会見を開き、日本で近々開催予定の世界選手権を辞退すると発表。沙奈恵は金メダルを確実視される有望選手だったが、練習中に突然ロープが切れて転落し、大ケガを負ってしまった。彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと主張。
そこに沙奈恵の前のコーチ・磯貝誠が現れる。釈明しようとする磯貝に対して沙奈恵は「あなたがロープを切ったんでしょ!?」と取り乱し、会見は大混乱に。磯貝は厳し過ぎる指導が問題視されるコーチで、沙奈恵からコーチを解任されたばかりだった。ロープを切ったのは解任を恨んだ磯貝の仕業なのか?それとも沙奈恵を引きずり下ろしたい別の人物なのか? 世間では憶測が飛び交い、沙奈恵の世界選手権辞退は大きなスキャンダルに発展する。
会見の模様をテレビで見ていたレンは、沙奈恵が中学時代の同級生だと思い出す。一方、直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、沙奈恵の件について調べるようにと告げられる。

沙奈恵に代わって日本代表に選ばれたのは、沙奈恵のライバルとされていた北里亜香里。亜香里の公開練習が行われることになり、神代(要潤)ら報道陣が集まる。そこに世界選手権に出場する海外の有力選手・コリーナとコーチのミルコビッチが訪れる。コリーナと対面した亜香里は平静を失い、公開練習は中止に。その時、ミスパンダが現れる。ミスパンダは亜香里に向かって「宮澤沙奈恵のロープを切ったでしょ?」と迫る。
レンは、入院中の沙奈恵を訪ねる。久しぶりの再会を喜ぶレンと沙奈恵。レンは沙奈恵から「リコちゃんが生きていたら…」と言われて動揺する。
レンは直輝と会い、沙奈恵と会ってきたことを伝える。レンの様子に異変を察した直輝は、悩みを聞こうとする。レンは直輝に、10年前の忌まわしいトラウマについて打ち明ける。その後、沙奈恵をめぐる一件に新たな事実が判明し…。

公式サイトより

スポンサーリンク

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第3話ネタバレ

レン(清野菜名)の診察を終えた門田(山崎樹範)は、一人になると、デスクから「一卵性双生児の記憶の相互関係について」という資料を取り出しました。

その中には、レンと双子の姉・リコに関する書類がたくさん入っているのでした。

ノット・パンケーキ!?

沙奈恵(秋元才加)の記者会見では、沙奈恵が「誰かが私を殺そうとしたんです!」と激情。
そして解雇した前コーチ・磯貝(六平直政)も乱入し、大混乱に。

その様子を囲碁喫茶GOBANのテレビで見ていたレンは、沙奈恵が中学の同級生だと気づきます。

GOBANの面々が談笑していると、レンの携帯が鳴ります。
直輝からだとぬか喜びしたレンは、大声で「パンケーキ!」と叫んでしまいます。
しかし、残念ながらパンケーキではなく、料金督促メールでした。

それ様子を見ていた佳恵(椿鬼奴)は、レンにすり寄り、男ができたのかと問い詰めます。

直輝は好きだけど、自分だけ幸せになれないというレンに、佳恵は、幸せになっていいんだよと諭します。
そして、直輝にすべて話すべきだというのでした。

そのやり取りを盗み聞きしていた春男(升毅)は、門田が言う、レンに加わる”外部からの力”が、直輝なのではと警戒します。

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は安定の面白さ!

直輝は、Mr.ノーコンプライアンス・佐島源造(佐藤二朗)から、沙奈恵の事件を調べるよう依頼されます。

一方、沙奈恵の代わりに代表に選ばれた、北里亜香里(竹内愛紗)の公開練習に、マスコミが集まります。

そこへ、サロベニー共和国のスピードクライマー・コリーナとコーチのミルコビッチ(フィフィ)が偵察にやってきました。

これで亜香里は冷静さを欠き、公開練習も中止に。
マスコミが騒ぎ始めます。

「JAPANDA」のジャージを身に付けたミスパンダが登場!

そこへ、颯爽とミスパンダが登場!
すると、クライミングの壁をプロ並みの速さで登り、マスコミにアピール。

そして亜香里に、沙奈恵のロープを切ったのはあんただと言い放ちます。

ミスパンダは、コーチの鹿野(三浦貴大)が呼んだ警備員たちに追われながらも、亜香里を挑発。

すると、亜香里は沙奈恵を上回る6.98秒を叩き出します。
マスコミが騒然とする中、ミスパンダと陰で見ていた飼育員さんは姿を消すのでした。

レンと直輝に恋の予感!?

直輝は、大学の図書館で勉強中。すると、レンがやってきました。

レンが「森島さん」と呼ぶことに、よそよそしいからやめてくれと言う直輝。

佳恵の言葉を思い出したレンは、昔の記憶が最近フラッシュバックすると、直輝に自分の過去を話し始めます。

すると直輝はレンの手を握り、過去の辛いことやフラッシュバックは人に話すことで克服できることがあると言いました。

レンは10年前、母と双子の姉のリコと3人で、キャンプに行き、止まっていたバンガローが放火されたことを明かします。

そこで、リコを置き去りにして一人で逃げたと。
何故助けなかったのかと、後悔していたと語るレン。

それを聞いた直輝は、レンを抱きしめ、

「俺も一緒だよ。大好きだった父親を失った。

過去の痛みや苦しみを自然に忘れることなんて絶対にできない。

だから、原因を取り除くしかないんだ。

安心して。俺とレンは一緒だよ。」

そう言い、レンをパンケーキに行こうと誘います。

その様子を、窓の外から見つめるコアラ男。
手には、二人が抱き合っている写真を撮ったカメラを持っているのでした。

シロップタイムからの、パンダちゃんねる!

全日テレビは、沙奈恵と鹿野の熱愛をスクープ。

その晩、パンダチャンネルの配信が始まります。

警備員姿のミスパンダが、建物に潜入。
そこは、亜香里の練習場でした。

ミスパンダは、「あんたも宮澤沙奈恵と同じ目に遭ってみなよ。」と、亜香里のロープを切り、亜香里は落下。
「成敗」というセリフとともに映像が終わります。

すると、またすぐにパンダチャンネルが始まりました。

最凶バディのアクションが最高!

今度は、ホテルの廊下。どうやら、ドッキリを仕掛ける様子。
一室に入ると、そこには、ミルコビッチと抱き合っている鹿野がいました。

鹿野は、サロベニー共和国の監督の座と1憶円を手に入れるため、ミルコビッチの頼みで沙奈恵のロープを切ったのでした。

亜香里は、鹿野たちを油断させるために、ミスパンダたちに協力してくれたのです。

そして、2対2のバトルになりますが、当然、ミスパンダ&飼育員さんが勝利。

過去のトラウマ!?

二人がホテルを出ようとすると、神代(要潤)が現れます。
神代は、パンダちゃんねるを見て、ホテルを特定していたのです。

神代から逃げる二人。
柵のような門を乗り越えようとしたとき、ミスパンダは、過去の記憶がフラッシュバックします。

「お母さん、ここから出してよ。」とミスパンダ。

しかし、直輝の一声で正気に戻り、何とか逃げ切ることができました。

サービスショットからの謎解きタイム!

源造(Mr.ノーコンプライアンス)から、労いの電話をもらった直輝。

「グレーゾーンに隠れた人間を暴くためなら、俺はどんなことだってやります。」

電話を切った後、源造は、引出しから直輝の父・哲也(田中圭)の警察手帳を取り出し、「どんどん、君に似てきたね。」とつぶやくのでした。

一方、全日テレビのオフィスでは、あずさ(白石聖)のスマホに、やっと直輝からの着信。
しかし、あずさは席を外していました。

あずさに届けようと神代がスマホを取り上げると、そこには直輝の写真が。
神代は、直輝がミスパンダと一緒にいた男性だと気づいてしまいます

その頃、直輝は門田の元を訪れ、

「川田レンは、レンじゃないですよね?」

と問いただすのでした。

スポンサーリンク

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第3話感想・まとめ

今回は、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話のあらすじやネタバレ、感想をお届けしました!

いやぁ、第3話も怒涛の展開でした。
どうやら、レンはリコみたいですね。

そして、神代や春男は、直輝を疑い始めましたね。
直輝、ピンチか!?

第4話は、田中圭さん扮する直輝の父・哲也も出てきますので、『あな番』ファンは必見ですよ!

次回を楽しみに待ちましょう!

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。関連記事

2020年1月12日放送スタートの読売テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」。 女優・清野菜名さんと俳優...
読売テレビ系で2020年1月12日放送スタートの新日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」。 謎めく登場人物た...
2020年1月12日放送スタートの新ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」。 社会の闇に葬られがちのグレーな事件...
『あなたの番です』や『3年A組-今から皆さんは、人質です-』、『今日から俺は!!』など、かなりオフェンシブなドラマが多い、日テレ系の日曜...
清野菜名さん・横浜流星さんW主演で話題の、2020年冬ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。 追加キャストが続...
2020年冬クールの中で、”新時代のシニカルミステリー”と話題のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。 主演の...
謎の女・ミスパンダ=川田レン(清野菜名)と飼育員さん=森島直輝(横浜流星)の活躍を描く、日テレ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パン...
今もっとも旬な俳優の横浜流星さん・清野菜名さんW主演のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。 二人のアクション...
横浜流星さんと清野菜名さんのアクションに注目が集まる、日テレ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。 主演の2...
清野菜名さんと横浜流星さんW主演でトレンド入りした、日テレ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。 このドラマ...
ミスパンダ(清野菜名)と飼育員さん(横浜流星)が、世の中のグレーゾーンにシロクロつける、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う...
清野菜名さん&横浜流星さんの最凶バディがカッコいい、日テレ系日曜22:30から放送の、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。...
2020年1月クールのドラマでも話題性の高い、日テレ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。 ドラマに出てくる...
2020年1月12日から日本テレビ系にてスタートしたドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」。 驚異的な身体能力を...
日テレ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』で、主人公・川田レン(清野菜名)のバイト先で憩いの場でもある囲碁喫茶GOBA...
2020年1月12日から日本テレビ系にてスタートしたドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」。 驚異的な身体能力を...
2020年1月12日から日本テレビ系にてスタートしたドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」。 驚異的な身体能力を...

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。あらすじネタバレ記事

やっと始まりました! 日曜22:30分スタートの日テレ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。 清野菜名さん...
アクションがすごい女優・清野菜名さんと、大人気のイケメン俳優・横浜流星さんがW主演を務める、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは...
第2話の平均視聴率は、7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と少し下がってしまいましたが、視聴熱はとてもホットな、ドラマ『シロでもクロ...
第3話の平均視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。 視...