絶対零度~未然犯罪潜入捜査~|第4話のあらすじネタバレ感想【テセウスの船とコラボ!?】


アクションだけじゃなく、社会問題を取り上げたヒューマンドラマでもある、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』。

第3話の視聴率こそ、8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)にダウンしてしまいましたが、根強いファンが多いですよね。

今回は、そんなドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第4話のあらすじやネタバレ、感想をお届けします!

スポンサーリンク

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第4話あらすじ

井沢(沢村一樹)たちのもとへやってきた香坂(水野美紀)は、ミハンが割り出した新たな危険人物の捜査を指示する。その人物とは、自殺を考えている人たちの相談に乗っているNPO法人に在籍する“いのちの相談員”杉原佳代(木野花)だ。
佳代は、失踪に見せかける方法について調べていたほか、スタンガンも購入していた。そしてもうひとつ、佳代には気になる過去があった。彼女は、10年前に起きた『大森山無差別殺傷事件』の被害者家族でもあったのだ。
井沢は、山内(横山裕)とともに佳代が在籍するNPO法人を手伝うスタッフとして潜入する。一方、小田切(本田翼)と吉岡(森永悠希)は、駆け落ち同然で上京したカップルに扮し、佳代のシェアハウスを訪れていた。
ほどなく、佳代のシェアハウスで長い間暮らしていた保育士の佐藤奈々(木竜麻生)が、佳代と揉めて3ヵ月ほど前に部屋を出ていったことが明らかなる。実は奈々は、無差別殺傷事件の犯人の妹だったことがわかる。被害者家族と加害者家族という関係だった佳代と奈々。佳代は加害者家族に復讐しようとしているのか?
そして、普段はクールな香坂が、この事件に対してはなぜか積極的で、自ら捜査に乗り出すことに――。
井沢たちは不思議に思うが……。

公式サイトより

スポンサーリンク

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第4話ネタバレ

井沢(沢村一樹)に、決して公にできない過去があると言われた香坂(水野美紀)は、1994年のことを思い出していました。

香坂が、父親からの映画の誘いを電話で断ると、父親は、

「この世界は絶望に満ちている。もううんざりだ。できる限りの人を救うつもりだ。向こうで待っている。」

それを聞いた香坂が、慌てて映画館に駆け付けた頃には、そこは既に大惨事になっていました。

そう、香坂は、加害者家族だったのです。

吉岡(森永悠希)のデスノート!

格闘技の道場で香坂に投げ飛ばされた井沢は、ミハンルームで吉岡(森永悠希)のマッサージを受けていました。

小田切(本田翼)を見ながら、吉岡が強い女性は苦手だと言うと、小田切から熱いビンタが。

吉岡は、すぐさまデスノートを書こうと・・・。

すると、香坂と北見(上杉柊平)が現れ、今回のターゲットは杉原佳代(木野花)だと言い渡します。

佳代は、自殺を考える人達の話を聞くNPO法人「セーブ・ザ・ハート」の相談員ですが、スタンガンを購入し、失踪に見せかける方法を丹念に調べていました。

さらに、佳代は10年前の大森山無差別殺傷事件で夫を亡くした、被害者家族だったのです。

井沢(沢村一樹)と山内(横山裕)が相談員として潜入!

井沢と山内はNPO法人「セーブ・ザ・チルドレン」に潜入。

佳代は、大森山事件のことを相談者にも話しており、これは必殺技で、自分が死にたいと思った経験を話していると言います。

そして、この仕事を通して人を救うことで、自分も救われたと明かしました。

小田切(本田翼)と吉岡(森永悠希)のカップルがかわいい!

小田切と吉岡は、佳代の運営するシェアハウスに潜入。

吉岡たちは住人から、佳代が娘のようにかわいがっていた保育士の佐藤奈々(木竜麻生)が、3カ月前にこのシェアハウスから退居したことを聞きます。

その情報と加賀美(柄本明)のハッキングにより、奈々は大森山の事件の犯人・川久保の妹だと判明

奈々は、佳代の夫の事件の加害者家族だったのです。

香坂(水野美紀)が、いつになく捜査にのめり込む!

今度は奈々を見張るミハンのメンバー。

加害者は塀の中で守られますが、加害者家族をバッシング等から守る法律がないため、重大事件の加害者家族は、自ら命を絶つことも。

しばらくすると、奈々の職場に、婚約者で加害者支援センターの梶(山中崇)がやってきました。

奈々と梶は、二人で帰路に。
すると、ヘルメットをかぶった男が、奈々に卵を投げつけるのでした。

一方、ミハンのメンバーは、佳代に一番近い、奈々を調べることに。
梶が所属する加害者支援センターの代表が香坂の元上司だったこともあり、香坂は、自ら潜入捜査を志願します。

テセウスとのコラボ企画!?

香坂と井沢が、法務省の広報の人間として、梶と奈々の取材することに。

奈々は、兄が大変な事件を起こしてか電話が鳴りやまず、ネットには写真や住所がさらされ、外に出るのが怖くなったと明かし、

「笑って暮らすことは許されない。当然だと思いました。」

と言うのでした。

また奈々が、川久保が獄中から手記を出版することで、嫌がらせや誹謗中傷が再び始まったこと悲観していると、梶は、出版を差し止めるように川久保を説得すると言いました。

すると、佳代を尾行していた山内から、佳代が井沢たちがいる加害者家族支援センターに向かっていると報告が。
実は、香坂が佳代を呼んでいたのでした。

「さ~て、殺意をあぶりだすよ。」

佳代と奈々は、言い争いを始めます。

佳代は、始めは夫の命を奪った川久保の家族が憎かったが、これからどう生きていけばわからないのは、加害者家族も被害者家族も同じだと。

「私があなたを救ったんじゃない。あなたが私を救ってくれた。」

しかし、奈々は、新しい家族を作ると、佳代を振り払い、その場を立ち去るのでした。

黒幕は、やっぱり!?梶(山中崇)!

ある日、奈々の勤める保育園に過去の事件のウワサが広まり、奈々は保育園をクビになります。

ミハンは、SNSのダイレクトメッセージが送られてきた複数の人間が、奈々を攻撃していること、そして、その黒幕は梶だと突き止めます。

梶は、周囲の関心や同情を集めるため、代理のものを傷つける、代理ミュンヒハウゼン症候群だったのです。

SNSのダイレクトメッセージを発信していたのも、川久保に手記の出版を持ち掛けたのも、梶でした。

佳代も調査会社を使って、この事実を突き止めていました。

駐車場で、佳代と梶が対峙します。
佳代は、証拠を突きつけて梶に詰め寄りますが、奈々が現れ、止められてします。

この時、井沢と香坂も現場に到着。
三人に気づかれないように見守ります。

奈々は、梶のように自分なんかと結婚してくれる人とは、もう一生出会えないと、梶を擁護。
佳代は戦意を失います。

しかし、今度は香坂が梶に詰め寄ります。
すると、面倒なのは嫌だと、奈々に婚約解消をほのめかす梶。

「じゃあな。殺人鬼の妹さん。」

梶がそう言い放つと、香坂は激怒し、梶に何度も平手打ちをあびせます。

そして、香坂の暴走を止めた井沢は、ネットに正体をさらしておいたからと、梶にスマホを見せました。

「もう二度と、加害者家族を食いものにはさせない。」

香坂は加害者家族、井沢は被害者家族

ある日、香坂は、父親が起こした事件の現場に、花を手向けていました。

そこへ、井沢が現れ、香坂は26年前にこの映画館で起きた事件の犯人の娘だと言います。

法務省に勤めていた香坂の義父は、香坂が犯人の娘であるを隠すため、戸籍を偽装していたのでした。

受けるべき罰を受けずに逃げ出した香坂は、ずっと罪悪感にさいなまれていました。

そんな香坂に、井沢は、

「私の妻と娘が殺された事件。あなたが何を知っているのかはわからない。

でも、僕は信じるって決めましたよ。

あなたの、犯罪を未然に防ぎたいという思いは、僕の思いと同じだ。

それがわかってよかった。」

そういって、井沢はその場を去るのでした。

場面は1994年に。

香坂の父親の事件現場に、花を手向けに行った香坂は、泣き崩れる被害者家族を目の当たりにし、何もせずに引き返してしまいます。

その時、実は加賀美とすれ違っていたのでした。

スポンサーリンク

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第4話感想・まとめ

今回は、ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第4話のあらすじやネタバレ、感想をお届けしました。

香坂の過去が明らかになったことで、井沢との距離も縮まり、少しずつミハンも団結してきましたね。

それだけに、数か月後に香坂が亡くなってしまうのが悔しい・・・。
それに、香坂殺害は、被害者家族の犯行の可能性も出てきました

今後の展開が楽しみですね。
さらに、第5話には元ミハンのボス、伊藤淳史さんが登場!
来週の放送が待ちきれません!

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~あらすじネタバレ感想記事

やっと始まりました!フジテレビ月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~シーズン4』。 第1話は30分拡大。 古参メンバーもさ...
初回の平均視聴率が10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、順調な滑り出しを見せたフジテレビ月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~...
第2話の平均視聴率は10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した、フジテレビ月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』。 ...
アクションだけじゃなく、社会問題を取り上げたヒューマンドラマでもある、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』。 第3話の視聴率こそ、...