アライブ がん専門医のカルテ|第1話のあらすじネタバレ感想


2020年1月9日より放送がスタートされたドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」
二人の女医がバディを組み、がん患者に寄り添いながら奮闘するメディカルヒューマンドラマです。

数ある医療ドラマの中でも、初めて本格的に「腫瘍内科」にスポットが当てられている今作。
第1話のあらすじや感想を、ネタバレと共にまとめました!

スポンサーリンク

私生活でも闘う“オンコロ”先生・・・まずは第1話のストーリーをチェック!

横浜みなと病院の腫瘍内科医として勤務する恩田心(松下奈緒)。
担当患者の高坂民代(高畑淳子)にがんの再発が見つかり、幾度目かの告知をすることに。

次から次へと患者対応に追われる心は、緊急連絡を受けて化学療法室に駆け込みます。

初来院で倒れていたという男性患者・殿山俊樹(石田明)に、処置を施す心。
別の病院からの紹介状に添えられたカルテに違和感を覚え、担当医の消化器外科部長・美川(阿南健治)に生体組織診断を進言するも、嫌味を言われてしまうのでした。

仕事を終えた心がバスに乗り、向かったのは別の関東医大中央病院。
そこでは、3ヶ月前に事故に遭った心の夫・匠(中村駿介)が、意識不明のままなのでした。

息子の漣(桑名愛斗)に手を焼きながら、慌ただしい日常を過ごす心。
ある日、漣と一緒に帰宅すると、義父の京太郎(北大路欣也)に出迎えられます。

突然、自宅を訪れ、漣の世話をする京太郎。
心にとっては気を遣う相手であり、息つく暇もない心の毎日が続いていくのでした。

スポンサーリンク

心の前に現れた女医・薫!二人の出逢いは運命?!それとも・・・?!

民代も参加していた、病気患者や家族のための教会での集まりに、初めて参加した心。

同じ境遇を持つ人が集まる家族会で、前向きに生きる他の参加者たちの姿が辛くなり、その場を立ち去るも、外に置いていた自転車はパンク・・・。
踏んだり蹴ったりの心の横を通りがかったのは、家族会でスタッフをしていた梶山薫(木村佳乃)でした。

翌日、病院内で再び薫と顔を合わせることになった心
なんと薫は、関東医大から移ってきた消化器外科医なのでした。

後日、教会での家族会に参加しなおしていた心と薫が、参加者の妊婦の非常事態に対応するという場面も。

テキパキと応急処置を進める二人は、さすが腕の良い女医!
早速、二人の強いタッグが感じられた瞬間でもありました。

スポンサーリンク

がん患者を救う三つの「あ」・・・患者と向き合い続ける心の闘いぶり!

View this post on Instagram

昨日は第1話放送でした❗️ ノンスタイルの #石田明 さんが患者役で登場しましたが、わかりましたか? 新春SPドラマ‪「教場」続いてのドラマ出演でした🎬 (裏話) アライブの助監督が初めてキュー出し(タイミングの合図)したのは「教場」での石田さんだったみたいです😳 撮影の合間に「あーあのシーンの時ね❗️」などと思い出を話してました😁 ‬ ‪#アライブ ‬‬ ‪#ノンスタイル‬ #見逃した方は #FOD 又は #Tver の見逃し配信でご覧ください📺 ‪#2枚目の表情は何を表してるのでしょう?🤣‬ ‪#冬ドラマ‬ ‪#フジテレビ‬

A post shared by 【公式】木10『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ) (@alive_cx) on

ドラマでは、放送回ごとにそれぞれ、患者たちの物語も大きく描かれています。

第1話では、患者の殿山を通じて、消化器外科と腫瘍内科との関係も浮かび上がりました。

そして、初めて心の元に診療に訪れたのが、原発不明のがんを患う村井恵子(石野真子)

薫と一緒に応急処置を施した妊婦の件からヒントを得た心は、恵子のがんの原発が腹膜であると特定します。
そして、婦人科で行われる恵子の難しい手術は、薫が手伝うことに。

婚約者・山本忠司(田口トモロヲ)が懸命に付き添う中、恵子は、抗がん剤でのアレルギー反応を起こしたことから、治療を諦めてしまいます。

その過程で、山本が若年性認知症を患っていることを知る心。
山本と話し合い、薫も医師たちを説得して、二人は恵子の手術を進め、無事に成功させるのでした。

恵子が改めて手術を決意する中で、山本が恵子にプロポーズしなおすシーンも。

患者の命はもちろん、その背景にも真剣に向き合う心・・・手術の行方を薫に託し、静かに見守ります。

そんな心の様子を度々、近くで見つめるのが研修医・結城涼(清原翔)。

大きな手柄が消化器外科に取られることに疑問を持ちながらも、患者を見守り続ける心に、4つめの「あ」ありがとう、という言葉を残すのでした。

薫に怪しい過去の疑惑・・・?!偶然を装って心との出会いを仕組んだ衝撃事実!

放送の後半では、薫の怪しい行動が次々と明らかに。

なんと、民代に患者会のチラシを渡したのは、変装していた薫・・・
心との初対面や、恵子の手術への参加も全て、薫が自ら仕組んでいたのでした!

さらにラストシーンでは、薫が心の夫・匠の手術に関わっていたという過去が発覚!

元の病院で一緒に働いていた匠の主治医・須藤進(田辺誠一)にも、未だに相談を重ねる薫・・・一方、心に対しては、匠や須藤のことを知らないと告げていました。
心に近付く薫には、一体どんな意図があるのでしょうか?!

まとめ


心にとって、公私ともに信頼を寄せる存在となった薫。
裏の顔を持つ薫の真意が気になりますね。

さらに、結城と夏樹奈海(岡崎紗絵)という二人の研修医に向けた解説が入ることもあり、腫瘍内科医の事情など、視聴者側としても分かりやすいドラマとなっています。

医療ドラマならではの感動や面白さが詰まったドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」。
次回の放送も、お楽しみに!