アライブ がん専門医のカルテ|第2話のあらすじネタバレ感想


病院の腫瘍内科を舞台に、がんのスペシャリストと患者たちの物語を描くドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」。

前回の第1話で、運命的とも言うべき出会いを果たした二人の女医。
今回は、どんな展開が訪れるのでしょうか?!

2020年1月16日に放送された第2話について、ネタバレを含むあらすじ、感想をまとめました!

スポンサーリンク

テーマは乳がん!第2話のストーリーをチェック!

乳腺科から、珍しい男性の乳がん患者への術前化学療法を依頼された腫瘍内科。
部長・阿久津晃(木下ほうか)は、この男性患者・日ノ原徹(寺脇康文)の担当に、光野守男(藤井隆)を指名します。

日ノ原の母親が乳がんだったこと、さらに、日ノ原の娘の存在を聞き、遺伝性の乳がんである可能性をから検査を勧める光野。
自分の病気が信じられない日ノ原は、娘も疎遠であることから、返答を渋ります。

一方、同じ腫瘍内科で、乳がん患者・(佐倉莉子)の診療にあたる恩田心(松下奈緒)。
病気を受け入れられない莉子に対し、乳房全摘手術が望ましいとの見解を持ちます。

莉子の診療に同席していた研修医・夏樹奈海は、若い女性という同じ立場から同情。
しかし、同じ場に居た研修医・結城涼(清原翔)は、早期治療の必要性を主張するのでした。

仕事の後、夫・匠(中村俊一)の見舞いを終えて帰宅した心。
息子・漣(桑名愛斗)を甘やかす義父・京太郎(北大路欣也)は、意識が戻らない匠に対して諦めたような態度を見せます。

View this post on Instagram

【第3話は1月23日放送‼️】 第2話でも京太郎さんの美味しそうなご飯がでてきました😋 台本に「ゴージャスなディナーを食べている」と書いてあったので、漣役の愛斗くんは「ゴージャスなディナーください❣️」と元気よくスタジオに入ってきました🤣 スペアリブがとても美味しかったようで、完食してました❗️😋 見逃してしまった方は「FOD」又は「Tver」でご覧になれます🖥 #アライブ #北大路欣也 #桑名愛斗 #あなたのために #ゴージャスなディナー #FOD #Tver #木10 #フジテレビ

A post shared by 【公式】木10『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ) (@alive_cx) on


その頃、ジムで汗を流していた消化器外科医・梶山薫(木村佳乃)。
義父の愚痴をこぼす心からのメッセージに、途惑いを隠せないのでした。

スポンサーリンク

悩みを抱える乳がん患者たち・・・サポートする医師にも様々な背景が!

乳がんを通じて、医師と患者とのやり取りだけでなく、患者同士の交流も映し出された第2話

女性ばかりの乳腺内科で気まずさを抱える日ノ原は、中年女性の患者・紀子(ふせえり)に声を掛けられます。


待合では夫婦のフリをして隣に座り、化学療法室では副作用への対処を伝授・・・なかなかの紀子お節介ぶりは、日ノ原にとって救世主!

明るく振る舞う一方、実は他の病棟で緩和ケアを受けていた紀子。
日ノ原と打ち解けた後に亡くなってしまい、紀子の死を日ノ原に告げた心は、紀子から預かっていた、毛糸の帽子のプレゼントを日ノ原に手渡すのでした。


病院の更衣室で日ノ原と出くわしてビックリ、という場面もあった莉子は、病気を抱える現実に深い悩みを抱えます。


そんな中、乳がんの本を手に、一人で籠っていたカラオケボックスで偶然出くわすのは研修医・結城。

職場ではドライな結城が、一人で熱唱していたというのも衝撃的・・・!

恋愛や結婚はどうなるのか、自分の将来に不安を抱える莉子の話を、心から聞いた薫。
心からの依頼で莉子と面会することになり、そこで、薫自身も乳がんと診断され、病気と闘う身であることが明かされます。

術後の胸の状態がどうなったのか、莉子から質問を受けた薫は、その場で潔く服を脱ぎ、再建した胸を莉子に見せることに。
こうして手術を決断した莉子・・・温かく見守る担当医・心はもちろん、莉子の背中を押す薫の行動にも考えさせられる場面でした。

また、日ノ原に関連して出てきたのは、5人の子どもを持つ光野のエピソード。
莉子から個人的に心の内を聞いていた研修医・結城は、医者一家に生まれたから医者を目指したのだとか。

今後、医師たちのプライベートな面も少しずつ見えてきそうですね。

スポンサーリンク

がん患者・民代も違和感を察知?まだ真実を知らない心に対して薫は・・・!?

前回の第1話で、がんの再発を心から告知されていた高坂民代(高畑淳子)は、今回の放送でも、一番最初のシーンから登場。

再度、がんの手術を受けるため、民代は消化器外科の薫の元へ訪れます。

前の病院で悪い事をしたと噂が広まっている、など、薫をドキッとさせる発言が多い民代。
薫を試しているのか、それとも本当に冗談なのか・・・何やら意味深な気もしますね。

後日、飲食店で民代と出くわした薫は、一緒にお酒を飲むことに。
すると民代は、以前、薫が変装して患者会のチラシを渡してきた人だと気付いていたことを話します。

さらに、そのチラシが心と薫が出逢うキッカケになったことを知る民代・・・もしかして、民代は二人の間のキーパーソンとなるのでしょうか?!
どうやら、ただのお喋り好きな患者さん、というわけではなさそうですよね。

一方、民代に意外な弱みを握られてしまった薫は、匠の手術に関する事実を、まだ心に話し出せないまま。

もう一人、匠の主治医で薫の元上司、須藤進(田辺誠一)との関係も気になります。


薫が休日に心を温泉へ誘い、覚悟を決めて打ち明けようとした瞬間、心の元へ、匠の容態急変を知らせる連絡が入ります。
急遽、心を病院へ連れて行くことになる薫・・・一体、何を思うのでしょうか?!

そして、回復の兆しさえ見せていた匠の急変・・・匠や心は、どうなってしまうのでしょうか?!

まとめ

薫のがんの克服、という新たな事実が明かされた第2話。

遺伝子検査を決意した日ノ原、そして手術を終えた莉子・・・
乳がん患者たちの物語がそれぞれに進む中、匠の容態が急変するという、思わぬラストを迎えました。

心には、どのような運命が待ち受けているのでしょうか?!そして薫の反応は・・・?!

次回の放送も、お楽しみに!

アライブがん専門医のカルテ あらすじネタバレ記事

2020年1月9日より放送がスタートされたドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」。 二人の女医がバディを組み、がん患者に寄り添いながら...
病院の腫瘍内科を舞台に、がんのスペシャリストと患者たちの物語を描くドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」。 前回の第1話で、運命的...
がんと闘う患者たちと医師たちの奮闘が描かれるドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」。 毎回、異なるゲストキャストが出演すると共に、...