チート|初めての悪役に挑戦した横山由依はどんな演技をした?評判は


2019年秋ドラマ「チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜」

本田翼さんが演じる星野沙希らが、特殊能力を活かして詐欺師を逆に騙し返してボコボコにする痛快なストーリーが魅力のドラマです。

第一話では、人生初の悪役に挑戦した横山由依さんがゲストとして登場しました。どんな役で、どんな演技をみせてくれたのでしょうか。そして評判は?

今回は、そんなことをまとめました。

スポンサーリンク

横山由依さんが演じたのは特殊詐欺グループの女性

詐欺師を逆にだまして捕まえる。そんな特殊な任務を持ったスペシャリスト集団「チート」。そのドラマ「チート」に人生初の悪役としての出演したのが横山由依さんでした。

この作品で、悪役という女優として新たな一面を見せてくれた横山さん。一人の女優が色々な役どころを演じるとともに、演技の幅を広げていくのを見ているのはファンでなくとも楽しいものですね。

横山さんが演じたのは、チートがマークしている特殊詐欺グループのボスの右腕である細川玲子。

沙希(本田翼)が仕掛けた監視カメラに気付き、わざと騙されたフリをして、チートをハメるために待ち合わせ場所を伝える。

そんな頭の回転が早く、悪知恵が効くしたたかな女を演じました。

特殊詐欺に騙されたおばあちゃんからの電話を取るシーンでは、こんなイジワルな顔をするのかというくらいの悪い表情でなかなかよかったです。

白いトップスに、黒のスカート。黒いサングラスとバッグ。モノトーンの組み合わせでしたが、悪さを印象付けられるファッションでした。

そうそう、この場合、ストレートの黒髪もいいポイントです。美人だけどどこか冷たくて悪そうな感じがよく伝わってきます。

どこか冷たいようで、スキがなくてしかも悪そう。キレイだけど悪そうな役回りを上手に演じていました。

スポンサーリンク

横山由依さん初の悪役はかなり高評価

初めての挑戦となった横山さんの悪役ですが、ネットでの評判はどうだったのでしょうか?

このようにかなりの高評価だったことがわかります。

監督から峰不二子を意識するようにいわれ、今回の出演に備えて米倉涼子さんの作品を見て参考にしたとか。他にも大人っぽい雰囲気を出すように、姿勢や歩き方を意識して演じているそうです。

そんな努力の甲斐もあって、視聴者から高く評価されてよかったですね!!

これで悪役にハマっちゃうかも?

スポンサーリンク

横山由依さんはトーク下手?

さて、初めての悪役が高評価だった横山由依さんですが、ご存知の通りAKB48の一員です。そんな横山さんのプロフィールは・・・。

横山由依プロフィール

  • 生年月日:1992年12月8日(26歳)
  • 出身地:京都府木津川市
  • 血液型:B型
  • 特技:散歩、音楽鑑賞
  • 所属事務所:太田プロダクション
  • 横山さんは、京都出身なので自己紹介の時に「京都から来ました。金閣寺よりも輝きたい、AKB48総監督の横山由依です。」といっていましたが、出身地の木津川市は京都と奈良の県境にあるそうです。

    そのため、先輩の指原莉乃さんからは「奈良出身と名乗れ」といわれていました。

    また、AKB48の中ではトークがヘタだと有名で、ライブのMCやインタビューなどでは上手に話せないことが度々あったようです。

    AKB48でアイドルとして活動する一方、最近ではテレビドラマの出演も多くなってきました。

    関西テレビで制作された「はんなりギロリの頼子さん」では主演を、今回「チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜」で初の悪役を務めるなど、女優としてのステップを着実に上がっています。

    まとめ

    今回は、初の悪役に挑戦した横山由依さんの評判についてまとめてみました。

    アイドルから大人の女性へ。本人の努力もあり演技の幅を広げ、女優として高評価をうけているようです。

    これからの横山由依さんに目が離せませんね!

     
     

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする