時効警察はじめました|第4話のあらすじネタバレ感想【吉岡里帆のゾンビの演技が面白い!】


「帰ってきた時効警察」から約12年の時を経て10月からスタートしたドラマ「時効警察始めました」

時効になった過去の事件を趣味で捜査していくという一風変わった刑事ドラマで、前作同様俳優のオダギリジョーさんや女優の麻生久美子さんをはじめ、豪華キャストが出演しています。

そんな人気ドラマ第4話の平均視聴率は4.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。
  

今回はその第4話のあらすじや感想を紹介していきます!

ドラマ【時効警察】の動画
【時効警察】の動画は、U-NEXTで配信中です。(本ページの情報は11月20日時点のものです)

2019年10月からテレビ朝日系にてスタートしたドラマ「時効警察はじめました」。 2006年に放送された人気ドラマ「時効警察」...
「帰ってきた時効警察」から約12年の時を経て10月からスタートしたドラマ「時効警察始めました」 時効になった過去の事件を趣味で...

スポンサーリンク

第4話のあらすじ紹介!“ゾンビ映画殺人事件”

長回し1カットで撮影した異色のゾンビ映画『ロマンティックを止めるな』が、25年ぶりに同じキャスト&スタッフでリメイクされることに! この話題に刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)は異様に興奮。一方、先輩刑事・十文字疾風(豊原功補)は渋い顔をする。というのも元祖『ロマ止め』は、撮影中に監督・唐沢浩一郎(津田寛治)が殺される事件が発生。十文字らの捜査もむなしく、時効を迎えたのだ。
 この事件を“趣味”で調べることにした霧山修一朗(オダギリジョー)は助手の三日月しずか(麻生久美子)と共に、まずは映画のマスターテープを鑑賞。映画は棺を開けた主演女優・折原千香子(中島美嘉)の驚愕の表情で終了するのだが、なんとマスターテープにはその直後…棺の中から唐沢の刺殺体を発見し、混乱する現場の様子も記録されていたのだ! 当時、現場には唐沢の筆跡で「俺は自殺する」と書かれた台本もあったが、警察は傷の痕などから他殺と断定。前夜には千香子が唐沢に向かって「殺してやる!」と叫ぶ姿も目撃されていたため、疑惑の目は千香子に向けられた。だが、ここで捜査に大きな壁が立ちはだかる。実は、唐沢は映画の冒頭に出演。つまり、殺されたのはカメラが回り続けていた70分の間ということになる。しかし、千香子が映画のフレームから消えたのは3分間のみ…。この“空白の3分間”に犯行を完遂するのは不可能と言っても過言ではなかった。
 霧山はさらなる捜査のため、ゾンビエキストラのオーディションを経て、オリジナル版とまったく同じ場所で行われるリメイク版の撮影に参加。やはり千香子が一番怪しいと考え、検証を試みる霧山だが、やがて出演者の一人が大真面目な顔で「犯人は幽霊です」と言い出して…!?

時効警察はじめました公式サイト

スポンサーリンク

時効警察はじめました|第4話のネタバレ

ここからはネタバレ含む第4話の解説をしていきます。

豪華キャストや気になる犯人などご紹介します!

第4話のゲストは歌手の中島美嘉(なかしま みか)

今回のゲストは歌手の中島美嘉さんでした。女優の折原千香子役で出演ということもあって色々な役を演じてくれましたね。

ドラマの経験があまりないという中島さんですが、劇中では色々な顔を見せてくれました。

その中でも、特に面白かったのは、メロンの被り物をかぶったCMのシーン。メロンビームを発射する中島さんは本当に可愛かったです!

本物のゾンビに見えた!?と合格した吉岡里帆が面白い

リメイク版「ロマンティックを止めるな!」のゾンビエクストラオーディションに参加した刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)の演技が面白かったです。

ネットでも面白いと評判でしたね。

食べたら呪われそうな「ゾンビキャラ弁」

しずか(麻生久美子)が霧山(オダギリジョー)のために作ったお弁当は「ゾンビのキャラ弁」でした。

ロケバスの中でしずかがすすめると、食べたら呪われそう!と言われてしまいました。いや~、怖~い!?

ゾンビの大量発生!?

メイクや衣装についた血がリアルでとっても怖かったですね。

ちょっとだけ出演の加藤茶がギャグ連発!

「風呂入ったか?」
「歯みがけよ」
「ちょっとだけよ」
「あんたも好きねえ~」

50年位前の「8時だよ!全員集合」のギャグですよね。懐かしい~です。

ネタバレ注意!!気になる犯人は?黒幕は唐沢監督だった

今回の犯人は女優の折原千香子でした。

瞬間的に怒りが湧きたち理性を失った折原千香子が監督をナイフで刺してしまいました。自首をするという千香子を監督がかばい、自分は自殺をする!と台本に書き残すことに・・・。

全員でビデオを編集し、監督の死を発見したことにしてアリバイを成立させていました。

千香子の女優としての才能を信じ、ホラー映画を上映することを言い残していった監督を尊敬していた全員が起こした事件でした。

「誰にも言いませんよカード」!ゾンビカラーの「Zカード」

Zの意味はゾンビのZ。そして、アルファベットの最後なので“もう捜査は最後にします。”という意味を込めています。

ゾンビ色をあしらったカードに霧山の認印が押され、千香子に渡されました。

事件を解決した後に渡される「誰にも言いませんよカード」。毎回、オチが込められていて本当に面白いですよね。

スポンサーリンク

まとめ

「時効警察はじめました」第4話のあらすじやネタバレ含む解説をご紹介しました。

第4話は、リアルなゾンビに引き込まれてしまいました。コミカルな中にも、愛を感じさせてくれる場面が盛り込まれていたので、最後は温かな気持ちになれました。

クールなイメージの中島美嘉さんも「時効警察」を楽しんでいたように見えました。

次回のゲストは女優の趣里さんです。かわい子ちゃんぶり”と“邪悪っぷり”を大放出したとのことで、そちらも注目です!!

見逃し配信はこちら!

【無料でお試し】U-NEXT