日曜劇場「グランメゾン東京」|第5話のあらすじネタバレ感想【何度も泣いてしまう感動の神回】


フレンチ料理店「グランメゾン東京」をオープンし、ミシュラン3つ星をねらう店にするために仲間を増やしていく感動ストーリーです。

第5話の視聴率が13.3%と最高視聴率を更新しました。

今回の「グランメゾン東京」は沢山の感動シーンが盛りだくさん!

あらすじとネタバレ、感想をお届けします。

【グランメゾン東京】の見逃し動画を無料で視聴
ドラマ【グランメゾン東京】の動画は、放送後1週間以内であればTverがオススメ。スキップできないCMが入りますが、無料で視聴できます。(本ページの情報は11月13日時点のものです)
フレンチ料理店「グランメゾン東京」をオープンし、ミシュラン3つ星をねらう店にするために仲間を増やしていく感動ストーリーです。 ...
フレンチ料理店「グランメゾン東京」をオープンし、ミシュラン3つ星をねらう店にするために仲間を増やしていく大人の青春感動ストーリー。 ...

スポンサーリンク

「グランメゾン東京」|第5話のあらすじ

 
3年前のナッツ混入事件について、リンダ(冨永愛)が書いた記事がもとで、記者からの直撃取材を受ける尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)。記事は、尾花の過去についても大々的に書かれて、炎上してしまう。
そして、ついに迎えた『グランメゾン東京』オープン当日。
しかし、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルという最悪の滑り出しに。
オープンして、すぐに閉店の危機。
そんな中、尾花は余った食材でフードフェスに出店することを提案する。店に人が来ないのであれば、自ら外に売り出しにいくことで、お客さん誘導に繋げようと考えたのだ。
そして、そこに強力な助っ人が加わった。祥平(玉森裕太)だ。
祥平は、美優(朝倉あき)の父・西堂(岩下尚史)から、「グランメゾン東京」に融資した際のことを咎められたこともあり、尾花のもとを訪ねていたのだ。
全員で、力を合わせてフェスに向けた料理開発に挑む。
はたして、尾花たちは失った信用を取り戻し、顧客を獲得することが出来るのか…?!

「グランメゾン東京」公式サイト

スポンサーリンク

「グランメゾン東京」|第5話ネタバレ

第5話は、何度も泣いてしまう感動の神回となりました。本当にオススメです。

早速ネタバレいってみましょう!

尾花の食材に対する深い愛情

お客さまに食べて貰えなかった食材をじーと見つめ“ごめんな”と謝る尾花を見ていると、とても切なくなります。

尾花の食材に対する深い愛情を感じますね。

尾花と祥平の距離感が最高!!

パリでは下働きとして尾花を支えていた祥平。グランメゾン東京の危機を救うために今度は一緒に料理をつくる仲間として尾花を支えています。

くっつき過ぎず、離れ過ぎずの距離感が最高ですね。

尾花と祥平を見守る優しい2人

パリでは下働きだった祥平が、尾花と一緒に料理を作っているのを見ている京野と相沢。成長した祥平を想う2人の優しさが伝わってきます。

グランメゾン東京は絶対に俺が守る!!

経営資金のことを心配する祥平に、“大丈夫だ!グランメゾン東京は終わらせない。絶対に俺が守る!”と言う京野。

1人でいる時は、現実をシビアに受け止め、大変な思いをしているにもかかわらず、後輩の前では大丈夫という姿を見せる京野は本当に男らしいです!

倫子と尾花のステキな関係

倫子:なんとかなるよね。
尾花:美味しいものを作ってる。間違ったことはしてない。

多くは語らないけれど、信じようとする2人の関係がとっても素敵です!

何も間違っていないよね!?

尾花と京野の男と男の友情、倫子の料理に対する熱い思いと仲間に対する叱咤激励、祥平の自責の念など、様々な感情がぶつかり合っているこのシーン・・・

本当に素晴らしいです!

何回見ても泣いてしまいます。涙が止まりません。涙で顔がぐちゃぐちゃになってしまいました。

選ばれた祥平の感動シーン

今回の玉森裕太さんの演技力には心打たれましたね。どんどん演技が上手になっているように感じました。

これからの玉森裕太さんの活躍が本当に楽しみです!

尾花から祥平へ“フレンチ辞めんじゃねぇーぞ

祥平の才能を一番認めていたのは尾花でしたね。これから、本当の師弟対決が始まります。

お互いを高めあえる関係って本当に良いですね。

スポンサーリンク

「グランメゾン東京」第5話の感想

第5話では、3年前の事件の事実が明らかにされましたね。

3年間、祥平をかばっていた尾花と京野の優しさ。そして、祥平が成長していく姿を見てとても胸が熱くなりました。

今後も祥平が入ったgakuとグランメゾン東京の対決から目が離せません!