【back number】栗原寿の出身校(高校・大学)はどこ?


2019年11月22日いい夫婦の日。back numberのドラムの栗原寿さんと女優の川村ゆきえさんの結婚が発表されました。

共通の友人を通じて知り合い、交際約1年でのゴールインです。

イケメンの栗原さんとスタイル抜群で美人の川村ゆきえさん! 爽やかでオシャレなお似合いのカップルだと思います。

今回は、栗原さんの出身校(高校・大学)と「back number」での活動について調べてみました。

スポンサーリンク

栗原寿プロフィール

栗原寿さんのプロフィールは以下の通り。

  • 生年月日:1985年7月24日(34歳)
  • 出身地:群馬県伊勢崎市
  • レーベル:ユニバーサルシグマ
  • 事務所:イドエンターテインメント
  • 出身は、群馬県伊勢崎市。ちなみに読み方は「いせざき」ではなく「いせさき」です。

    茨城県出身のひとが「いばらぎ」ではなく「いばらき」に拘るように、伊勢崎出身のひとも読み間違いは気になるようです。「いせさき」と正しく呼ぶようにしましょうねww

    スポンサーリンク

    栗原寿出身校

    栗原寿さんの出身校は以下の通りです。

  • 出身高校:群馬県立伊勢崎工業高等学校
  • 出身大学:群馬医療福祉大学
  • 群馬県立伊勢崎工業高等学校が作られたのは、1886年(明治19年)のこと。今からなんと133年前のことです。かなり歴史のある高校ですね。

    偏差値は43-44とあまりよい方ではありませんが、伝統のある学校なので企業とのパイプも太く、就職は非常によい学校のようです。

    平成30年度の伊勢崎工業高校の卒業者187名中、大学短大専門学校などに進学したのが34名。やはり多くの人が就職を希望しています。

    そんな中、栗原さんは群馬県前橋市にある「群馬医療福祉大学」に進みます。こちらも偏差値は40-45とあまりよいとはいえませんが、理学療法や看護を学べる学校です。

    とても歴史が古く、設立は1449年(宝徳元年)です。な、なんと創立570年!! 室町時代!!!

    は? 宝徳? 570年前?? と一瞬間違いかと思って調べましたが、大学のWEBサイトにもそう書いてあったので、間違いなさそうです。

    高校時代は、バンドマンなので軽音楽部なのかと思いましたが、栗原さんは体操部だったとニッポン放送のオールナイトニッポンで明かしてくれました。

    100発100中で着地をピタッと決める群馬のリ・ジョンソン(北朝鮮の体操選手)だったそうです。

    リ・ジョンソンのことがわからないので、すごいのかすごくないのわからなかったですww

    スポンサーリンク

    2006年栗原さんがback numberに加入

    栗原寿さんがドラムを務めるスリーピースバンドback numberは、2004年に伊勢崎商業高校出身の清水依与吏さんが中心となって作られます。栗原寿さんが加入したのは、設立から2年後の2006年のことでした。

    その後、自主企画などで人気を集め、2009年にはインディーズデビュー。2011年にはシングル「はなびら」でメジャーデビューを果たします。

    メジャーデビュー後は、切ない歌詞と美しいメロディーで、若い女性から絶大な支持を受け精力的に音楽活動を展開。

    2015年には14枚目のシングル「クリスマスソング」を発売しました。この曲はドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」の主題歌にも選ばれ、現在のところback number最大のヒット曲となっています。

    楽しそうで華やかな街の雰囲気の中、なぜか一人孤独を感じてしまう。クリスマスシーズンに感じる切ない気持ちにピッタリの曲ですね。

    2019年11月に栗原さんは女優の川村ゆきえさんと結婚

    みなさんご存知の通り、2019年11月22日いい夫婦の日に、栗原寿さんが女優の川村ゆきえさんと入籍したと発表がありました。

    川村ゆきえさんのTwitterに直筆メッセージが掲載されています。

    川村さんによれば、栗原さんは誠実で、優しくて、思いやりがあって、明るくて、仕事に真剣に打ち込んでと非の打ちどころがない褒め方。これでイケメンとか完璧かよww

    それだけ完璧な人ならば、スタイル抜群でとっても美人な奥さんをゲットできても不思議はないですね!! すごくお似合いなお二人だと思います。お幸せに!!

    二人の出会がいつ出会ったのかについては以下の記事にまとめました。

    2019年11月22日いい夫婦の日。芸能界でいくつかのおめでたい報告がされました。 壇蜜さんと漫画家の清野とおるさんの結婚報告...
     
     

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする