俺の話は長い|第7話のあらすじネタバレ感想【満の失恋と涙】


屁理屈ニート・満(生田斗真)と女経営者・明日香(倉科カナ)の恋の行方が気になる、日テレ系ドラマ『俺の話は長い』。

今回、満の涙には少し驚きました。

その他にも、岸辺家の面々にさまざまな変化が!?

それでは、『俺の話は長い』第7話、「ジンライムと商店街」、「カレーライスと実家」のあらすじやネタバレ・感想をお届けします!

【俺の話は長い】の動画
ドラマ【俺の話は長い】の動画は、放送後1週間以内であればTverがオススメ。スキップできないCMが入りますが、無料で視聴できます。(本ページの情報は11月20日時点のものです)
ドラマ『俺の話は長い』で、主人公の姪・春海が恋心を抱いていた男子中学生・高平陸役を演じている、水沢林太郎さんをご存知ですか? ...
「現代版・男はつらいよ」ともいわれている日テレ系ドラマ『俺の話は長い』。 ゆる~く見られて、ほのぼのできる、飯テロドラマとして...

スポンサーリンク

俺の話は長い|第7話あらすじ【其の十三「ジンライムと商店街」】

満(生田斗真)と綾子(小池栄子)の幼少期のお年玉が出てきた。取りに帰った満は、房枝(原田美枝子)達が、この家を売る計画があるのを知る。リフォーム中の綾子達の家に、房枝の部屋もあるらしい。
満は、「ルンバ(お掃除ロボット)がなんであんなにも頑張れるかっていったら充電ボックスがあるからでしょ?」「心の電池ボックスをフル充電出来る唯一のスポットが実家であり、そこで食べるおふくろの味なんです」と猛反対。「その割にはいっつも料理の文句言われてたけど」喫茶店を辞める事も考えてるという房枝。
すると、光司(安田顕)が「僕が継ぎます!」と突然言い出した。なんと会社を三日前に辞めたという。「嘘でしょ?」相談がなかったことに傷ついた綾子はプチ家出と称して、光司がベースを預けているというバー「クラッチ」へ。心配する光司は、近所で綾子を探して…。

公式サイト

スポンサーリンク

俺の話は長い|第7話ネタバレと感想【其の十三「ジンライムと商店街」】

光司(安田顕)が会社を辞め、綾子(小池栄子)がプチ家出!

生田斗真のヘリクツ全開!?

小池栄子と安田顕の夫婦愛に絶賛!

スポンサーリンク

第7話ネタバレ【其の十三「ジンライムと商店街」】

満がお年玉を取りに岸辺家に帰ると、満が草野球で審判をやっているチームの不動産屋が家を出るところでした。

不動産屋に家の査定を頼んだという房枝に、ポラリスも手放すのかと満が怒ると、いきなり「僕がポラリス継ぎます!」と光司(安田顕)が言い出します。

3日前に会社を早期退職したと明かす光司に、驚く綾子(小池栄子)。
退職に関して自分に相談がなかったことや、ベースを処分していなかったことを隠していたことに傷ついた綾子は、春海(清原果耶)を迎えに行くと家を出ていきます。

綾子は、春海を岸辺家まで送り届け、一人でBarクラッチへ。
海星(杉野遥亮)に、プチ家出中だと言い、ジンライムを飲み始めます。

一方、光司は綾子を探しに行きます。
Barクラッチに顔を出すと、綾子がさっきまでいたことを聞き、後を追いかけます。
すると、ベースを背負った綾子の姿が。

「もう一度音楽やりたいの?」と言う綾子に、ズタボロ再結成の話は断り、音楽で食べていくつもりはないという光司。
「ベース全部処分しろだなんて言って、ごめんね。」

謝る綾子に光司は、あの時は言ってもらってよかった、綾子の言葉を全面的に信用していると優しく言います。
そして二人仲良く、肩を並べて帰っていくのでした。

第7話感想【其の十三「ジンライムと商店街」】

光司と綾子の夫婦愛に、“涙”でした。

怒りながらも、Barクラッチからベースを引き取る綾子のやさしさや、光司の綾子を思う気持ちが伝わってきて、ほのぼのしましたね。

光司はポラリスを継ぎたいようですが、どうなることやら。
ちょっと心配ですね。(笑)

綾子役の小池栄子さん、撮影中にお誕生日を迎えたようですよ。
おめでとうございます!

俺の話は長い|第7話あらすじ【其の十四「カレーライスと実家」】

満は、自分の事を尊敬する渡利(間宮祥太朗)の前で、これからは、王族のペットとして飼われるライオンになると宣言。「飼い主が疲れて帰ってきた時は癒しの存在となり、飼い主が外出するときは身を挺して危険から守る」「かっけぇなぁ~」明日香(倉科カナ)にその決意を口にする満。
「自分のこれからやるべきことは明日香のサポートなんじゃないかと思って」「誰かの為に自分の人生がどうなってもいいって思えたの初めてなんだよ」しかし、明日香は予想外の反応を見せて―。
一方、陸(水沢林太郎)を告白のために呼び出した春海(清原果耶)だったが…。久しぶりに家に帰ってきた満に涙を見せる。「…海まで車出して」「ちょうどオレも海に慰めて貰いに行こうと思ってたんだよ」「…自分だって振られてんじゃん」そして二人は海へ車を走らせて―。

公式サイト

俺の話は長い|第7話ネタバレと感想【其の十四「カレーライスと実家」】

間宮祥太朗、再び登場!

竹原ピストルの曲が車中で流れる!

満(生田斗真)と明日香(倉科カナ)、早すぎる破局!春海(清原果耶)も!?

第7話ネタバレ【其の十四「カレーライスと実家」】

明日香(倉科カナ)の家で、相変わらず“ヒモ兼家政婦”のような生活を送る満。
久々にBarクラッチに顔を出すと、そこには薗田(本多力)と渡利(間宮祥太朗)の姿が。

海星と薗田はサッカーゲームを通して仲良くなったようで、4人は薗田の家へ。
そこで満は、王族のペットのライオンになると豪語します。

一方、光司はポラリスで見習いを始めますが、皿を割るわ、接客もできないわで、周りはあきれ顔。
春海はラジオで自分のメールが取り上げられ、陸(水沢林太郎)に告白する勇気をもらいます。

明日香と食事中、満は、自分がやるべきなのは明日香のサポートだと言ったことで、二人は口論に。
そんなことを求めていないという明日香。

「私がそばにいて、そんな楽な答えしか選べないんだったら、もう一緒にいない方がいいと思う。」

怒った満は、荷物をまとめ明日香の家を後に。
行く当てもなくネットカフェで夜を明かし、翌日、満は岸辺家へ戻ります。

すると、春海が帰宅し、満に「海まで車出して。」と。

春海もフラれたのだと察した満は、「俺も、ちょうど海に慰めてもらいに行こうと思ってたのよ。」

海で、陸が春海のことが好きだから断ったんだという満に、慰めてもらうために来たんじゃないと強がる春海。

春海は、満は何故フラれたのかと問いただします。
「相手を思うことが、自分のためになると思ったんだけどな~。また振り出しだよ。」

帰りの車中では、ラジオから竹原ピストルの曲が。
すると、満が涙で目を潤ませ、春海もそれに気づきます。

岸辺家に戻ると、房枝が夕飯にカレーライスを準備していました。
久々に5人で食卓を囲む中、房枝からは家を売らないこと、光司からはポラリスを継がないことが報告され、皆ひと安心。

翌朝、満は野球の審判のアルバイト。光司はそれを見学していました。
そして、二人は帰りがてら、満の臨時収入(昔のお年玉)でフル充電するために、焼肉を食べに行くのでした。

第7話感想【其の十四「カレーライスと実家」】

満と明日香、結構あっさり別れてしまいましたね。
あのまま二人で生活していたら、いづれこうなるだろうと予想できましたが。(笑)

久々の岸辺家の団らんに、ちょっとホッとした視聴者も多かったことでしょう。

ポラリスでの仕事がうまくいかず、落ち込む光司の姿には笑わせてもらいました。
やっぱりヤスケンさんですね。

第7話まとめ

今回は、『俺の話は長い』第7話、「ジンライムと商店街」、「カレーライスと実家」のあらすじやネタバレ・感想をお届けしました。

第8話では、満と光司の無職2人で、ニートブラザーズが結成されるようです。
どうなることやら。

それでは、次回を楽しみに待ちましょう!